2020スポチャン王者に輝くのは 全日本学生スポーツチャンバラ選手権大会 12/6

学生日本一の“剣士”を決める「全日本学生スポーツチャンバラ選手権大会」が12月6日、南熱海マリンホール(静岡県熱海市)で開催される。今大会は、有段有級男子・有段有級女子の2部門に分かれており、関東、近畿、東海、北海道・東北、中四国の予選を勝ち抜いた成績上位者と各大学の推薦選手が集結し、個人と団体で優勝を争う。大学ナンバーワン“剣士”に輝くのは誰なのか?

競技説明
試合は、各カテゴリー段級別で行う。基本的には、1試合は1分間一本勝負。決勝のみ3分間三本勝負とし、二本を先取した方を勝者とする。 
今大会は、小太刀、長剣F、短刀、楯小太刀、長剣両手、短槍、杖、長槍、棒、長巻、楯長剣、二刀で争われる。
スポーツチャンバラは日本発祥で、「制約に囚われない自由な発想による剣術」と「剣術を通じた世界人の育成」を目指し、現在はアメリカ、韓国、ヨーロッパ、ロシア、オーストラリアなど世界に広がり、国際大会も開かれるなど認知度も高まっている。

見どころ
一番の見せ場は、各種目のチャンピオンが集結するグランドチャンピオン戦。短刀対長剣両手、小太刀対棒など、普段は剣を交えない“異種格闘技戦”が繰り広げられ、観客を魅了する。
男子の注目は、長谷川雅と市古憲一郎の関西外国語大学3年生コンビ。長谷川は昨年、楯小太刀で優勝し、グランドチャンピオン戦では、二刀の優勝者を倒す活躍を見せた。11月の近畿学生大会グランドチャンピオン戦では、小太刀で長剣両手・二刀の優勝者を倒すなど最も勢いがある。一方、市古は幼少から競技を続けており、長谷川と高め合いながら、成長を続ける。格段に速い小手と、変幻自在のフェイントが持ち味で11月の近畿学生大会で男子グランドチャンピオンに輝いた。
女子の注目は、関東学生大会女子グランドチャンピオンの安達知泉(明治大学4年生)。動きの所作が美しく王道的な試合運びを得意とする。女子部員が全国で一番多い明治大学を4年間牽引し、今大会に懸ける思いもひとしおだ。
近畿学生大会で女子グランドチャンピオンになった山口悠夏(大谷大学2年)も野心に燃える。小柄ながら思い切った飛び込みを武器に、近畿学生大会では並み居る上級生を倒して頂点に立った。
1年生ながら、北海道・東北大会女子でグランドチャンピオンに上り詰めた落合早輝(北星学園大学)も侮れない。両親がスポーツチャンバラの道場主で、誰よりも早く競技を始めた“ベテラン”が、快挙を達成するか、目が離せなくなりそうだ。

競技日程
12月 6日 基本動作・団体、小太刀、長剣F、短刀・楯小太刀・長剣両手、短槍、杖、長槍・棒・長巻・楯長剣・二刀、代表決定戦

※ユニバスでは、熱戦の様子を専用の配信ページからライブ配信する。
配信ページはこちら