全日本学生テニス選手権大会 女子ダブルス準々決勝【ハイライト】

8月18日に、全日本学生テニス選手権大会の女子ダブルス準々決勝が岐阜県の岐阜メモリアルセンターで開催され、準決勝進出をかけ熱い戦いが繰り広げられました。

第1シードの小池颯紀・東谷和ペア(園田学園女子大学)はノーシードから勝ち進んできた大村千乃・望月菜々子ペア(慶應義塾大学)と対戦しました。第2セット途中まで苦しい展開が続いていた大村千乃・望月菜々子ペア(慶應義塾大学)ですが6ゲーム目をブレイクすると、このセットを奪うことに成功します。勢いそのままに攻めの姿勢を貫き迎えたスーパータイブレークも10-2と圧倒的なスコアで締め、見事逆転勝利をおさめました。

予選から勝ち進んだ鎌田琴衣・中塚桃子ペア(関西大学)は同じ関西地区同士、ノーシードの田中菜冴美・堺愛結ペア(姫路大学)と対戦しました。第1セットを6-1で鎌田琴衣・中塚桃子ペア(関西大学)が先取するとその後も最後まで冷静さを失わず、ストレートで準決勝進出を決めました。

予選から準々決勝まで勝ち進んだ松本安莉・西里夏子ペア(山梨学院大学)は第4シードの大野菜々子・鈴木理子ペア(関西大学)と対戦します。今年から本格的にペアを組んだ大野菜々子・鈴木理子ペア(関西大学)が終始息の合ったプレーを見せ最後は6-3で、ベスト4進出を決めました。

ノーシードの吉田明日香・稲葉あす果ペア(明治大学)は、ここまで全てストレート勝利をおさめている第2シードの佐藤南帆・永田杏里ペア(慶應義塾大学)と対戦しました。第1セットはシーソーゲームとなりますが7-5で佐藤南帆・永田杏里ペア(慶應義塾大学)が先取すると、第2セットも確実にポイントを重ね1度も相手にブレイクを許さず連取、強さを見せつけ準決勝に駒を進めました。

【女子ダブルス準々決勝】
小池颯紀・東谷和ペア(園田学園女子大学)VS. ○大村千乃・望月菜々子ペア(慶應義塾大学
鎌田琴衣・中塚桃子ペア(関西大学)VS.田中菜冴美・堺愛結ペア(姫路大学)
松本安莉・西里夏子ペア(山梨学院大学)VS. ○大野菜々子・鈴木理子ペア(関西大学)
吉田明日香・稲葉あす果ペア(明治大学)VS. ○佐藤南帆・永田杏里ペア(慶應義塾大学)