全日本大学選手権大会(ボート) 男子シングルスカル決勝【ハイライト】

46回全日本大学選手権大会が、95日〜8日の4日間に渡って埼玉県戸田市の戸田ボートコースで行われました。

 男子シングルスカル決勝は8日に行われ、一瀬卓也(仙台大学)、吾郷匠実(松江工業高等専門学校)、阿部 光治(早稲田大学)、木村 晶(日本大学)の4選手で争われました。2000mの距離で繰り広げられた熱い戦いは、一瀬選手と吾郷選手のマッチレース。1500mまでのタイムでは常に1秒差以内のデッドヒートを繰り広げていましたが、最後は2018年のU23世界選手権で軽量級男子クォドルプルに派遣された一瀬選手が、吾郷選手に3秒以上の差をつけてゴールしました。

 【男子シングルスカル決勝 結果】
1位 一瀬卓也(仙台大学)                            07:17.02
2位 吾郷匠実(松江工業高等専門学校) 07:20.91
3位 阿部 光治(早稲田大学)                     07:27.10