加盟大学・競技団体の運動部学生の体調管理をサポートする 『ONE TAP SPORTS for UNIVAS』の無償提供を開始!3月31日より大学からの利用申込を受付

コンディション管理ソフト「ONE TAP SPORTS」と連携して会員限定のサービスをスタート! 選手データを一元管理することでチームスタッフの負担を軽減!

一般社団法人大学スポーツ協会(本社:東京都千代田区、会長:鎌田薫、以下 UNIVAS)は、スポーツテック企業の株式会社ユーフォリア本社: 東京都千代田区、代表取締役: 橋口 寛/宮田 誠、以下 ユーフォリアと連携して、加盟大学・競技団体所属の運動部学生の体調を一元管理できるサービス『ONE TAP SPORTS for UNIVAS』《体調チェック機能》を無償で提供いたします。本サービスの大学からの利用申込を本日より受付開始いたします。

▼詳細はこちらから▼
ONE TAP SPORTS for UNIVAS


新型コロナウイルス感染症が流行する中、運動部活動において、所属選手およびスタッフの健康状態を適切に管理することが求められています。一方で、運動部の活動が学生主体の体制のもとで運営されるケースが多く、その情報の収集、管理などについて、管理を担う学生たちへの負担は増大しています。

この度、UNIVASは、トップパートナーであるKDDI株式会社のサポートにより、ユーフォリアが展開する「ONE TAP SPORTS」 と、 UNIVASが提供する会員プラットフォーム「My UNIVAS」を連携した『ONE TAP SPORTS for UNIVAS』の運用を開始いたします。 本サービスでは、加盟大学・競技団体所属の運動部学生が、スマートフォンなどのデバイスから日々の体調に関する情報を入力、そのデータがクラウド上に保存されます。選手のデータを一元管理することにより管理者、スタッフなどの負担軽減に繋げていきたいと考えています。

◆UNIVASが目指している体制
すべての大学運動部に『ONE TAP SPORTS for UNIVAS』《体調チェック機能》を利用いただき、大学・所属運動部において健康状態を適切に管理されている体制を目指します。また、加盟競技団体においては、運営大会において、本サービスをご利用いただき、出場校の体調情報を競技団体で把握した
上で、大会運営を行っていただくことを進めてまいります。

◆『ONE TAP SPORTS for UNIVAS』《体調チェック機能》の詳細
ユーフォリアが開発・提供する「ONE TAP SPORTS」の機能のうち、以下8項目の《体調チェック機能》について、My UNIVAS会員は無料でご利用できます(基本的に加盟大学・競技団体のチーム/学校法人単位でのご利用となります)。メンバー(選手)はこの8項目について、スマートフォンなどのデバイスから入力を行い、管理者は、管理画面から全メンバーの現在の状態を一覧で確認できます。異常を検知したデータはアラート表示されますので、管理者はすぐに症状の変化を捉えることができます。

ONE TAP SPORTS for UNIVAS』《体調チェック機能》の8項目
1.体温
2.咳の有無
3.喉の状態
4.頭痛の有無
5.体のだるさ
6.嗅覚・味覚の状態
7.家族・同居人の発熱および気になる症状
8.健康状態についてのコメント

◆『ONE TAP SPORTS for UNIVAS』のご利用申込み受付開始日: 
大学管理者からの申込み受付:2021年331日(水)
運動部管理者からの申込み受付:2021年415日(木)

◆『ONE TAP SPORTS for UNIVAS』のサービス利用開始日:
2021年4月15日(木) 

◆『ONE TAP SPORTS for UNIVAS』のご利用申し込み方法:
サービス申し込み、およびご利用には、加盟大学及び加盟競技団体に所属する運動部学生と関係者の方々がそれぞれUNIVAS会員プラットフォーム「My UNIVAS」にID登録を行いログインしていただく必要があります。

 ◇申込方法
         ・大学管理者は、UNIVAS WEBページ内の申込フォームから利用申込
      ・運動部管理者は、My UNIVASのダッシュボードから利用申込

ONE TAP SPORTS(ワンタップスポーツ)について( https://one-tap.jp/ )
ユーフォリアが開発・提供する「ONE TAP SPORTS」は、コンディション機能・インジュリー機能などで構成され、試合や練習を通じて得られる行動データに加えて、食事メニューやケガの状態などを組み合わせて分析することにより、トレーナー・コーチ・監督等の指導者がアスリートへ適切な指導やアドバイスを行うことを可能にするシステムです。
アナログでの情報収集・管理・指導が主流だったスポーツの現場において、アスリートのコンディションなどさまざまな情報を「見える化」し、コンディション管理・パフォーマンス向上の実現をサポートしています。現在、ラグビー日本代表をはじめとする日本代表では26競技、プロチームを中心に国内外で71競技、1,700チーム以上(2020年10月時)に導入されています。今回の『ONE TAP SPORTS for UNIVAS』は、通常の「ONE TAP SPORTS」のサービスの中から《体調チェック機能》8項目をご利用いただくサービスとなっております。