UNIVASについて

ABOUT US

メッセージ

MESSAGE

MESSAGE01

一般社団法人
大学スポーツ協会
会長 福原紀彦

一般社団法人 大学スポーツ協会 福原紀彦一般社団法人 大学スポーツ協会 福原紀彦

UNIVASは、 2019年3月1日に創設され、以後、大学スポーツの振興と参画人口拡大に向けて活動しています。設立から2年が過ぎた今日、学生アスリートのデュアルキャリア形成支援事業をはじめ、大学スポーツの安全安心な環境確立事業、ブランド価値向上およびD X推進等、数多くの事業を展開しています。
日本の近代スポーツは、大学によって導入され、発展してきた歴史があります。そして、スポーツが多様化する現代において、大学スポーツは、社会から期待される役割が益々大きくなり、今やスポーツ界全体の発展に貢献するプラットフォームを形成していると言えます。また、大学という組織にとって、教育・研究・社会貢献の各機能を発揮する上で、スポーツ活動への取組みは、たいへん重要な地位を占めていることは言うまでもありません。
そして、学生アスリート達は、競技能力の向上に励むと同時に、さまざまな事を学び、知識を蓄え、社会で生き抜く力を養い、人間力を高めています。これらの経験を大いに生かして、将来、国際社会や地域社会に貢献していくことが期待されます。また、学生アスリートはもちろん、各大学の学生やOB・OG、役員・教職員、学生の保護者、大学のステークホルダーの皆さんが、大学スポーツを楽しみ、大学スポーツを応援しながら、大学スポーツの社会的価値を共有することこそ、大学とスポーツとがもたらす人類の持続的発展にとっての貴重な礎です。さらに、これからの大学スポーツは、DXとAI・データサイエンスを活用した新たな価値を創造しつつ、スポーツの社会的意義を高めていくことになると考えられます。
UNIVASは、大学、競技団体等の主体的な活動を支援し、社会と連携して、大学スポーツをさらに大きく発展させるための活動を加速させていく所存です。今後とも皆様の益々のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

MESSAGE02

スポーツ庁長官
室伏広治

スポーツ庁長官 室伏広治スポーツ庁長官 室伏広治

これまで我が国におけるスポーツ発展の歴史において、大学は大きな役割を果たしてきました。2016年リオデジャネイロオリンピックにおけるオリンピアンの約3分の2を大学生または大学卒業者が占めております。そうした高い競技力を持つアスリートや優秀なスポーツ指導者等の貴重なスポーツ人材の輩出源であることはもちろんですが、近年では大学の運動部活動や研究を通じてパラアスリートや地域住民を支援する取組も進められていることや、優れた体育・スポーツ施設を有する存在であることもあり、大学はスポーツを通じた地域・社会の活性化の一端を担える重要な機関となっています。
そのような中でUNIVASは、平成31年(2019年)3月に大学・学生・競技団体等の大学スポーツ関係者が旧来の垣根を超え一丸となって、大学スポーツが抱える課題に取り組み、発展することを目指し創設されました。これは、日本のスポーツ史にも刻まれる大きな一歩と思っています。
私自身、大学スポーツを行ってきました。大学生としてスポーツに取り組むとともに大学で学業に励むことは、自らの価値を大いに高めることのみならず大学スポーツそのものの社会的価値を高めることに繋がるものであり、非常に重要です。UNIVASでは、その活動の柱の一つとして学業に励むアスリートを支援する「デュアルキャリア」支援を行っておりますが、これは大変意義があるものと思います。このほかにも、現在、UNIVASは、大学スポーツ自体の振興はもちろん、大学スポーツを活用した経済・地域の活性化などのために積極的に活動されています。
このような活動を行うUNIVASには現在でも多くの大学や競技団体が加盟されていますが、さらに多くの大学や競技団体がUNIVASの掲げる理念に共鳴いただき、加盟がますます広がっていくことを強く期待しています。また、そのことが、大学スポーツ、ひいては、スポーツ全体の発展にも通ずるものと信じています。
スポーツ庁としても、今後ますますの発展が期待されるUNIVASと連携・協力して、大学スポーツを活用した経済・地域の活性化や、大学スポーツの更なる振興、「感動する大学スポーツ」の実現に引き続き取り組んでまいりたいと思います。

組織理念

ORGANIZATIONAL PHILOSOPHY

「大学スポーツの振興」に向けた
UNIVAS の活動指針

大学スポーツの振興

学生アスリートが生き生きとして
スポーツと学修に取り組む
大学・競技団体が更なる発展を遂げる

大学スポーツ参画人口の拡大

大学スポーツに関わる人々を
性別や障がいの有無等に関わらず
平等に増やしていく

活動指針

ACTIVITY POLICY

WE
PROMOTE
UNIVERSITY
SPORTS

PLAYING

スポーツを体験する

大学生活において
スポーツする学生を増やす活動

運動部員数の拡大に向けて、学業面・安全安心な環境面での支援を充実させる。
一般学生にもスポーツをする機会の提供を促進する。

WATCHING

スポーツを応援する

大学スポーツを観戦、
応援する人口を増やす活動

在学生が自らの大学の試合を観戦し、応援する風土を取り戻す。
OB・OGや地域住民を中心に大学スポーツのファンを創出し、育成、拡大をしていく。

SUPPORTING

スポーツを支援する

アスリートと運動部活動への支援を
強固にする活動

大学の運動部として活動を統括・支援する大学を増やしていく。
スポーツ医科学研究の英知・成果を現場に還元していく。
民間企業との産学連携により有形無形の支援を獲得する。

ロゴマークについて

LOGO DESIGN CONCEPT

海外の大学の校章などにも多く用いられる王道の「シールド型」のシルエットに対し、大学生を示す「大」の字を用いて分割し、そこに「5大原則」を配置。

心 : discipline, compliance
規律や整った精神性をあらわす「ロウソクの炎」
技 : skilL, tecnique
戦略やスキルの象徴としての「チェス盤」
体 : power, speed, health care
勇気と強靭な肉体の「ライオン」
知 : academic
学問を象徴する「書物」
徳 : sportsmanship
スポーツマンシップと平和の象徴の「鳩」

複数のメッセージが凝縮された、和と洋、伝統と革新性を兼ね備えたロゴデザイン。

UNIVAS NAVY UNIVAS BLUE

「知性、伝統、調和」を象徴するネイビー、「真実、純粋、誠実さ」の象徴であるライトブルー。同系色の2色のバランスをとることで「誇り高く堅実な内面と、学生らしい爽やかさ」を表現したカラーリングとしています。

組織概要

ORGANIZATIONS OVERVIEW

■ 組織名称
一般社団法人 大学スポーツ協会
■ 英語名称
Japan Association for University Athletics and Sport
■ 略称
UNIVAS
■ 所在地
〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-9 私学会館別館第二ビル3F
■ 電話
03-3234-0800
■ 連絡先
info@univas.jp

HISTORY

ヒストリー

2019

3月

一般社団法人 大学スポーツ協会誕生

3月

ロゴマーク発表

6月

UNIVAS CUPスタート

8月

パートナーシップ契約締結
マイナビ、KDDI、MS&AD、KEI

10月

UNIVAS相談窓口設置

12月

医療従事者などの配置事業の派遣スタート

2020

1月

入学前教育プログラム
(学習支援)スタート

1月

安全安心ガイドラインの発行

2月

UNIVASリーダーズキャンプ2020 開催

3月

UNIVAS AWARDS 2019-20 開催

7月

デュアルキャリアプログラムスタート

加盟団体

MEMBER ORGANIZATIONS

加盟大学

219大学(2021年10月30日時点)
※ 五十音順

加盟競技団体

32団体、4連携会員(2021年7月30日時点)
※ (※1)の4団体は連携会員となります。
※ <協会会員申込受付窓口> 会員(大学、中央学生競技団体)の入会申込窓口はこちらまで。

パートナー企業

UNIVAS PARTNER

UNIVASは、理念に共感していただいた企業のみなさまとパートナー契約を締結し、大学スポーツの振興に向けたさまざまな活動をパートナー企業と共に推進しています。
「学修支援・デュアルキャリア形成支援」、「安全安心な環境整備」、「大学スポーツの価値向上」といった活動に各パートナー企業が有する専門性を加えることにより、より充実したサービスを会員・学生・ファンの皆様に提供してまいります。

KDDI株式会社
高橋誠 代表取締役社長

KDDIは「豊かなコミュニケーション社会の発展への貢献」を企業理念に掲げ、社会インフラである通信ネットワークの整備をはじめ、お客さまの暮らしを豊かにするさまざまなライフデザインサービスをご提案しております。5G、IoTなど先端技術の活用により、さまざまな産業が高度化し、新しい価値を創造していく時代に向かうなかで、今回のパートナーシップにより、KDDIが有する先端技術とこれまでのスポーツに関する取り組みを組み合わせることで、スポーツを愛するファン・大学生アスリート・大学・競技団体全てが近未来のスポーツ体験にワクワクし、スポーツを楽しみながら育まれていくことを強力にサポートしていきます。

株式会社マイナビ
中川信行 代表取締役 社長執行役員

常に努力と挑戦を続けるスポーツ選手たちの姿は、学生・社会人、プロ・アマに関わらず、全ての人々に勇気や感動を与えてくれます。マイナビは1973年の創業以来、夢や目標に向かって頑張る人たちを応援する存在でありたいという思いから、人生の転機に寄り添うサービス展開を目指してきました。特に、就職情報をはじめ、学生の皆さんにご提供するサービスは多岐に渡ります。今後も、スポーツに打ち込む学生の皆さんの、ひたむきな姿勢や熱い想いを後押しすべく、UNIVASの取り組みに賛同し、支援させていただきます。

MS&ADインシュアランスグループ
ホールディングス株式会社
原典之 取締役社長グループCEO

UNIVASとのパートナーシップを通じて、その理念である「安心・安全を確保した大学スポーツの振興」の実現に貢献できることは、当社グループが推進する社会との共通価値の創造(CSV)にも通じる大変意義あることだと考えています。世界で活躍するアスリートの育成や社会人・企業人としての成長、そして社会のさらなる発展に寄与するために、MS&ADグループ全体で取り組みを推進してまいります。

株式会社KEIアドバンス
矢島敏男 代表取締役

河合塾グループは、「次世代を担う人材の育成」をミッションに進学指導の枠を超えた教育研究開発に取り組んでおります。ここで蓄積 したノウハウをベースに、「学修支援」領域におけるアカデミックパートナーとして、大学生アスリートのための「社会に出て活躍できる 人材育成」に貢献すべく全力を尽くす所存です。

ガバナンスコード

GOVERNANCE CODE

当協会は、協会運営の透明性・健全性の確保に向けて、ガバナンスの向上に取り組んでいます。2019年8月にスポーツ庁が策定した「スポーツ団体ガバナンスコード<一般スポーツ団体向け>」別添のセルフチェックシートを用いて、その遵守状況を以下のとおり公表します。

UNIVASの「スポーツ団体ガバナンスコード< 一般スポーツ団体向け>」遵守状況

(参考)
スポーツ団体ガバナンスコード<一般スポーツ団体向け>(スポーツ庁)
スポーツガバナンスウェブサイト(JSC)

UNIVAS LIVE UNIVAS LIVE