『UNIVAS AWARDS 2019-20』表彰番組及び最優秀賞のご報告

一般社団法人大学スポーツ協会(会長:鎌田薫、以下UNIVAS)は、去る327日(金)にインターネット配信で『UNIVAS AWARDS 2019-20』の表彰番組を全国配信。各部門の最優秀賞の発表並びに受賞者のコメントの紹介と、『UNIVAS CUP 2019-20』の年間総合優勝並びに各部門賞の発表を行いましたのでお知らせいたします。

表彰番組のアーカイブ映像はこちら

※発表番組に出演したUNIVAS関係者(鎌田会長、有森副会長、川原副会長、池田専務)と司会者の田中大貴さん、土屋炎伽さん。

 

◆各表彰項目

 

200720(修正)『UNIVAS AWARDS 2019-20』最優秀賞、優秀賞、入賞・団体一覧_コメント付き【別紙】

 

◆『UNIVAS AWARDS 2019-20』開催に際してのコメント(UNIVAS会長 鎌田薫)

 本日、変則的ではありますが、第一回表彰式を開催できますこと、嬉しく思います。学生、大学、競技団体、そしてパートナー企業を始めとした関係者の皆さまに心から御礼を申し上げたいと思います。

本日、様々な分野から大学スポーツのあるべき姿を体現した個人、あるいは団体・組織が表彰されますが、それぞれ受賞者される方は、栄えある第一回の受賞者として、大学スポーツの歴史に長くその名を残すことになると思います。

 受賞者である誇りを胸に、ますますスポーツ界で活躍し、また模範的な社会人として活躍していただくことで、大学スポーツに対する信頼、大学スポーツに対する尊敬の念が広がっていくことを期待しています。受賞者の皆さまの益々のご活躍と、受賞者を支えてくださった全ての皆さまへの御礼を申し上げて、開会のご挨拶とさせていただきます。

 

◆『UNIVAS CUP 2019-20』総評(UNIVAS会長 鎌田薫)

 受賞した各大学のみなさま、誠におめでとうございました。この『UNIVAS CUP 2019-20』は、大学スポーツをもっと盛り上げていこうという趣旨の下、開催を始めた大会です。大学スポーツは競技単位で発展を遂げてきた歴史がある為に、各競技における大学日本一を決めるインカレと言われる大会も競技単位で行われてきました。高校におけるインターハイのような総合スポーツ競技会はありませんでした。

 各競技者も他の競技にもっと関心を持ってもらい、一般学生も自分の大学の運動部の活躍にもっと関心を持ってもらい、OBOGにもその輪を広げて、大学スポーツを皆で応援するようになることを目指して、この『UNIVAS CUP』の開催を始めました。加盟大学は222大学ですが、そのうち141大学が指定大会に参加し、132大学がポイントを獲得した結果となりました。より多くの大学が関心を持ってもらえるように、地区別優勝や男女別優勝など部門賞も設置して取り組んできました。2020年もより多くの大学の参加意識や、社会からの注目を集められるように進めてまいりますので、ご期待ください。

 

◆『UNIVAS AWARDS 2019-20』当日写真