2021 年春、大学へ進学する運動部学生を対象に 入学前教育プログラムを加盟大学へ提供!!運動部学生に寄り添ったプログラムをKEI アドバンスと共同開発!

一般社団法人大学スポーツ協会(本社:東京都千代田区、会長:鎌田薫、以下 UNIVAS)は、アカデミックパートナー企業の株式会社KEI アドバンス(本社:東京都千代田区、代表取締役 矢島敏男)が永年蓄積された教育プログラムノウハウを生かし、2021年春に大学へ進学するスポーツ運動部学生向けに共同開発した「入学前教育プログラム」を加盟大学へ提供し、入学前教育をサポートします。

昨今、スポーツ活動を重視した「総合型選抜」や「学校推薦型選抜」等で合格した高校生に対して、入学後の学生生活にスムーズに移行できるように、大学入学までの期間に実施する入学前教育の重要性が注目されています。2020 年7 月中旬時点で、UNIVAS 加盟大学のうちスポーツ活動を重視した「総合型選抜」や「学校推薦型選抜」等の実施を発表している大学は60.4%とその割合は多く、UNIVAS とアカデミックパートナーのKEI アドバンスは昨年度より運動部学生に寄り添った入学前教育プログラムの実証調査を行っております。今年度は、咋年度の実証調査で行った結果を踏まえ、幅広い学力の学生に対応するコース設定や、運動部学生が学びに関し興味を持ってもらえるようスポーツを題材にしたプログラム開発など、幅広いニーズに対応できる教材を準備しました。大学へ入学する運動部学生が、スポーツだけでなく、学びへの動機付けを行い、大学生活で意欲的に学修に取り組んでもらう環境を整えます。

◇2019年度入学前教育に関するアンケート(抜粋)

■調査対象:UNIVAS加盟222大学

■調査期間:2020年5月~同年6月

■回答状況:回答大学数123 大学、回答率55.4%

 

加盟大学向けアンケートより、入学前教育の実施目的は「学びへの意欲」の向上や「教科学習へ の興味」を持たせることなどを求められていることがわかりました。また、現在は紙教材も取り入れ やすいという結果になったことを受けて、今年度の入学前教育プログラムの開発に着手しました。

 

◇2020 年度入学前教育プログラム

●入学前教育プログラムの概要

本プログラムでは、運動部学生が入学後にスムーズに進むことができるよう、各種教材を加盟大学に提供し、大学における入学前教育をサポートします。具体的には、基礎教科学力養成を目的として河合塾の指導ノウハウを活用したAI教育サービス『河合塾One(英語・数学)』や『Qubena中高英語 by 河合塾(英語)』及び、日本語力養成を目的に入学後に必要な“文献・文章等を読み、その内容について自ら考えレポートを書くための力”を育成する『大学生活学びのための読む書く入門』に加え、運動部学生により寄り添った教材『大学の運動部学生のための学びのハンドブック』『運動部学生のためのスポーツ探究数学入門』を開発・加盟大学に提供します。また、実施前と実施後にて学力判定テストを実施し、実施前後のテスト結果を比較することで学力伸長を把握します。オプションとして、希望者にはKEI アドバンスによるLINE を用いた学習フォローも実施します。

◇対象者:スポーツ活動を重視した「総合型選抜」や「学校推薦型選抜」等で合格した高校3年生

◇実施期間:2021年1月-3月末日

◇実施科目:数学・英語・国語

◇募集期間:2020年10月上旬-11月下旬を予定

 

◇2020年度新規教材

① 「勉強の重要性を理解させるための導入編」を加えた教材の開発

「大学の運動部学生のための学びのハンドブック」

② スポーツを題材にした取り組み易い教材の開発

「運動部学生のためのスポーツ探究数学入門(数学)」

③ 中学~高校生レベルまでを対象としたAI 教材の導入

「Qubena中高英語 by河合塾 (英語)」

④ 取り組むべき学習量を明確に設定できる教材の導入

「河合塾One基礎コース(英・数)」