日本一に輝くのは 日本学生選手権水泳競技大会(水球競技) 17日開幕

水球の大学日本一を決める「第96回日本学生選手権水泳競技大会(水球競技)」が9月17〜19日、神奈川県の横浜国際プールで開かれる。
今大会は男子14チーム、女子7チームが出場し、トーナメントで覇を競う。

水球はゴールキーパーを含め7名で構成された2つのチームがプール内に作られたコートの中でゴールにボールを入れあい、得点を競う競技。1ピリオド8分の4ピリオド、計32分で争われ、ゴールキーパー以外はボールを片手でしか触ることができない。水深2m以上のプールで戦うため底に足をつけることができず、選手たちは常に泳ぎながら水に浮かんだ状態でプレーをしている。水中での相手とのボディコンタクトが激しいという。

1番の見どころは迫力あるシュートシーン。男子は時速約70キロ、女子は時速約50キロと言われており、水面を使ったバウンドシュートやゴールに背中を向けた状態のまま後ろに投げるシュート、水上に高く浮き出て打つシュートなど、多彩なシュートに観衆は魅了される。

男子の注目は、1998年から22連覇中の日本体育大学だ。日本代表のコップ晴紀を中心に、大学日本代表を揃える布陣に死角はない。男子大学水球界屈指の強さが今年も見られそう。女子は、昨年優勝の日本体育大学と、昨年準優勝の東京女子体育大学が頭一つ抜けている。日本体育大学は昨年の優勝メンバーらを中心に、連覇に挑む。一方、東京女子体育大学は第1シードして臨んだ昨年、決勝で日本体育大学に苦杯をなめた。今年は、共通理解で徹底したディフェンスからリズムをつくり、スピーディーなオフェンスで相手ゴールを脅かしたい。

大会日程
17日 男子1回戦、女子1回戦
18日 男子2回戦、男子準決勝、女子準決勝
19日 男子決勝、男子3位決定戦、女子決勝、女子3位決定戦

試合動画・LIVE配信ページはこちら