【ハイライト】全日本大学レスリング選手権大会第 1日 Cマット 57kg準決勝、61kg準決勝、74kg準決勝 ほか

レスリングのフリースタイル学生日本一を決める「全日本学生レスリング選手権大会」が7、8の両日、大阪府門真市の東和薬品RACTABドームで開催されました。
今大会は男子種目のみの実施で、57kg級、61kg級、65kg級、70kg級、74kg級、86kg級、97kg級、125kg級の8階級約250人が学生ナンバー1レスラーの座を目指し、ハイレベルな戦いを繰り広げました。

大会初日はBマットで、57kg(予備戦、1回戦、準々決勝)、61kg(予備戦、1回戦、準々決勝、準決勝)、74kg(予備戦、1回戦、準々決勝、準決勝)が行われました。熱戦の模様をお伝えします。

57kg
準決勝
竹下雄登(日体大)○[Tフォール、2:53=11-0]●藤原祐真(東洋大)
荒木大貴(専大)○[7-0]●菅沼碧久(青山学院大)

61kg
準決勝
小川航大(日体大)○[Tフォール、4:28=10-0]●堤太一(法大)
清水蛍汰(拓大)○[Tフォール、3:58=10-0]●藤田颯(早大)

74kg級
準決勝
志賀晃次郎(拓大)○[Tフォール、2:08=15-5]●西海静(日本文理大)
髙橋夢大(日体大)○[Tフォール、4:33=10-0]●原口伸(国士舘大)

そのほかUNIVAS CUPの配信ページはこちら