全日本学生テニス選手権大会 男子ダブルス準々決勝【ハイライト】

8月18日に、全日本学生テニス選手権大会の男子ダブルス準々決勝が岐阜県の岐阜メモリアルセンターで開催され、ベスト4進出ペアが決定しました。

第1シードの田中優之介木元風哉ペア(早稲田大学)は第5シードの楠原悠介・岡垣光祐ペア(法政大学)と対戦。スーパータイブレークまでもつれる激戦となりました。両者精度の高いプレーで試合は展開、第1セットはタイブレークで勝負所をしっかりと決めた楠原悠介・岡垣光祐ペア(法政大学)が7-5で制し、セット先取に成功します。第2セットは第1セットのミスをしっかりと修正した田中優之介木元風哉ペア(早稲田大学)が長いデュース戦の末にブレークを奪い、このセットをものにするとファイナルセットのタイブレークも制しベスト4進出を決めました。

第3シードの島田達也高村烈司ペア(関西大学)はノーシードから勝ち上がってきた鈴木保貴柚木武ペア(法政大学)と対戦します。第1セットは互いにキープが続く均衡した試合展開となりタイブレークに突入、序盤の劣勢をはねのけた鈴木保貴・柚木武ペア(法政大学)がこのセットを獲得します。良い流れで迎えた第2セットでしたが第4、第8ゲームにブレイクを奪った島田達也・高村烈司ペア(関西大学)が6-2で取るとスーパータイブレークでもポイントを取り、見事準決勝へ駒を進めました。

第4シードの古賀大貴安上昂志ペア(早稲田大学)とノーシードから勝ち上がってきた杉山和誠小峰良太ペア(中央大学)の対戦は第1セットを6-3で古賀大貴安上昂志ペア(早稲田大学)が、第2セットを杉山和誠小峰良太ペア(中央大学)が取り、互いに譲らない状況が続きます。ファイナルのスーパータイブレークは序盤に流れを掴んだ古賀大貴安上昂志ペア(早稲田大学)が10-3で制し準決勝進出を決めました。

予選から勝ち上がってきた西岡航・田口涼太郎ペア(近畿大学)はノーシードの平川暉人・山中瑠樹亜ペア(関西大学)と対戦しました。第1セットを奪った西岡航・田口涼太郎ペア(近畿大学)が最後までリズムをくずすことなくストレートで見事勝利をおさめました。

【男子ダブルス準々決勝】
○田中優之介木元風哉ペア(早稲田大学)VS. 楠原悠介・岡垣光祐ペア(法政大学
○島田達也高村烈司ペア(関西大学)VS. 鈴木保貴柚木武ペア(法政大学
古賀大貴安上昂志ペア(早稲田大学)VS. 杉山和誠小峰良太ペア(中央大学
西岡航田口涼太郎ペア(近畿大学)VS. 平川暉人山中瑠樹亜ペア(関西大学)