『UNIVAS AWARDS 2020-21』最優秀賞受賞者を発表!『UNIVAS CUP 2020-21』年間総合優勝 早稲田大学が連覇!

スポーツ庁 室伏長官がプレゼンターとして登壇し、各部門の最優秀賞受賞者の栄誉をたたえる!

一般社団法人大学スポーツ協会(本社:東京都千代田区、会長:鎌田薫、以下 UNIVAS)は、329日、大学スポーツ振興に貢献したアスリートやスポーツに関わる学生、団体を表彰する『UNIVAS AWARDS 2020-21』の表彰式をオンラインで開催し全国へ配信しました。各部門の最優秀賞と、「UNIVAS CUP 2020-21」の年間総合優勝並びに各部門賞の発表を行いました。

左から畠山愛理氏(元新体操日本代表)、池田敦司(UNIVAS専務理事)、川原貴(UNIVAS副会長)、樋口哲司氏(MS&ADホールディングス 専務取締役)、熊谷豊選手(パラアスリート、三井住友海上所属)、スポーツ庁 室伏広治長官、鎌田薫(UNIVAS会長)、有森裕子(UNIVAS副会長)、田中大貴氏(スポーツアンカー)

UNIVAS CUP 2020-21」の年間総合優勝は、昨年に続き、各競技で優秀な成績を収められた早稲田大学が2連覇を果たしました。

各賞受賞者一覧はこちら

■ スポーツ庁 室伏広治長官 からの祝辞

「この度「UNIVAS AWARDS 2020-21」の各賞の受賞者が決定したこと誠におめでとうございます。受賞されたみなさま方に対して、改めましてお祝いの言葉をお送りさせて頂きます。本当におめでとうございます。今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響で、社会が一変しました。多くのスポーツ活動や大会が中止、延期を余儀なくされました。キャンパスライフも普段通りに行うことが出来ない。そのような状況で、大学スポーツ活動の継続に尽力されました学生アスリートをはじめ、大学関係者のみなさまに改めて感謝申し上げます。本日はそのような厳しい状況の中で、競技成績のみならず、学業充実や安全安心に対する評価とUNIVASの理念をまさに体現する学生、指導者、そして団体のみなさまが表彰されましたけれども、大学スポーツ全体がさらに活性化するよう、受賞者のみなさまには、引き続き大学スポーツ界を牽引していただくと共に、各賞を受賞された学生のみなさまにおかれましては、将来社会に出た際には、大学スポーツを通じて培ったスポーツパーソンシップを遺憾なく発揮していただければと思います。UNIVAS加盟団体がこの先さらに充実した取り組みを進めていただく事によって、「UNIVAS AWARDS」の価値が益々高まり、大学スポーツのさらなる振興に繋がる、より存在感のある賞へと発展することを期待しております。またUNIVASパートナーであるKDDI株式会社様、株式会社マイナビ様、MS&ADインシュアランスグループホールディングス様、河合塾グループ 株式会社KEIアドバンス様におかれましては、UNIVASの理念に共感していただき、また大学スポーツ政策の推進にご理解いただいていることをここに感謝申し上げます。スポーツ庁としましても感動していただけるスポーツ界の実現に向けて大学スポーツの振興に引き続き取り組むと共に、UNIVASの活動が日本全体の活性化につながることを祈念いたしまして私のお祝いのメッセージとさせていただきます。おめでとうございます。」

■「UNIVAS AWARDS 2020-21」開催に際して (UNIVAS会長 鎌田薫)

「皆様はそれぞれの分野で卓越した成果を挙げられました。今後はその皆さんの資質、能力をご自身の発展だけでなく部、大学、そして地域、社会の発展につなげていただけることを確信しております。併せまして、この会の開催にあたりまして、この後ご登壇頂きますスポーツ庁 室伏広治長官をはじめとして多くのみなさまに支えられてまいりました。この場を借りて関係者の皆様に心から御礼申しあげます。受賞者のみなさま本当におめでとうございます。」

 

 

■「UNIVAS CUP 2020-21」の総評
UNIVAS CUP2年目は、コロナの影響が大きく、予定通り1年間開催出来るかどうか不安を抱えてスタートをしました。2019年は、6月半ばから、野球とアーチェリーを皮切りにスタートをきりました。2020年は、コロナ禍で手探りの中、自粛があったり、各競技団体の大会の開催をするべきか、しないのかの検討から始まりました。このような状況下、9月中旬に本日サポーティングスタッフで受賞された学生アーチェリー連盟の今田さんが頑張られたアーチェリー王座決定戦から開催が始まりました。UNIVAS加盟競技団体32のうち、21競技、大会数で25行われ、約3分の2の競技を実施することが出来ました。しかしながら11の競技は、競技団体の方々や連盟に携わっている学生のみなさまが苦労されたのですが、残念ながら全国大会を実施出来なかったというシーズンでした。2021年度は、全競技実施出来るよう、UNIVASとして精一杯サポートしていく所存です。UNIVASは、220大学、42都道府県から会員が参加頂いていますが、8つの地域に分けて作られた、地区部門賞はとても良い試みであると思っています。2020年度、この地区別の特筆すべき点は、国立大学3校が入っている点です。国立大学の躍進は大変嬉しく思います。今後、大学スポーツの価値向上をあげていくためにスタートした「UNIVAS CUP」は、各競技団体が実施しているインカレは歴史と伝統を繋ぎながら運営しているので、それを束にすることによって、大きなパワーになったり、社会の注目度が上がっていく効果を期待しています。コロナ禍でほとんどが無観客での開催になりましたが、UNIVAS CUPの大会にしたことで、スポーツ庁からの支援をいただくことでライブ配信を拡大してきました。友達や保護者が、会場に応援にいけない中、ライブ配信を行うことでアスリートの頑張りを試聴されている方に届けられたのではないかと思っています。」