全日本大学対抗ウエイトリフティング選手権大会 概要

2019年度全日本大学対抗ウエイトリフティング選手権大会が11月15日から17日の3日間に渡って、埼玉県上尾市のスポーツ総合センターで行われます。今年で男子が65回目を、女子が20回目を数える今大会、栄えある日本一の称号を手にするのはどの大学となるのでしょうか。UNIVAS公式サイトでは16日の模様をライブ配信及び後日、すべての試合をハイライト動画で無料配信する予定です。

ライブ配信はこちら

UNIVAS CUP 2019-20 ポイント配分  

全日本大学対抗ウエイトリフティング選手権大会はUNIVAS CUP 2019-20の指定大会です。成績に応じて、ポイントが各大学へ付与されます。

UNIVAS CUP 2019-20 の詳細はこちら

総ポイント
1,000

ポイント配分

【男子団体】

順位 得点
1位 150ポイント
2位 120ポイント
3位 90ポイント
4位 45ポイント
5位 35ポイント
6位 30ポイント
7位 20ポイント
8位 10ポイント

【女子団体】

順位 得点
1位 150ポイント
2位 130ポイント
3位 100ポイント
4位 50ポイント
5位 40ポイント
6位 30ポイント

UNIVAS 公式サイト 映像配信予定

UNIVAS 公式サイトでは16日の模様をライブ配信及び後日、すべての試合をハイライト動画で無料配信する予定です。

ライブ配信はこちら

11月16日(土)
10時00分〜 男子81kg級
11時20分〜 女子64・71kg級
13時10分〜 男子89kg級
15時05分〜 女子76〜+87kg級
17時15分〜 男子96kg級

※大会の進行により配信時間が変更になる可能性があります。

大会概要

名称

第65回全日本大学対抗ウエイトリフティング選手権大会
第20回全日本大学対抗女子ウエイトリフティング選手権大会

期間

2019年11月15日(金)〜17日(日)

競技種目

規定2種目(スナッチ及びクリーン&ジャーク)

階級

男子:55、61、67、73、81、89、96、102、109、+109kg級の10階級
各大学最大10名。1階級2名までとする。外国人選手枠は正選手、補欠含めて各校1名。

女子:45、49、55、59、64、71、76、81、87、+87kg級の10階級
各大学最大8名。1階級2名までとする。外国人選手枠は正選手、補欠含めて各校1名。

参加大学

男子:金沢学院大学、九州国際大学、中央大学、東京国際大学、名古屋産業大学、日本大学、日本体育大学、法政大学、明治大学、早稲田大学以上10校

女子:金沢学院大学、東京国際大学、日本体育大学、平成国際大学、立命館大学、早稲田大学以上6校

会場

スポーツ総合センター 
埼玉県上尾市東町3-1679

主催

全日本学生ウエイトリフティング連盟