学生スポーツチャンバラ最大のイベント 全日本学生スポーツチャンバラ選手権大会

全日本学生スポーツチャンバラ選手権大会が、12月22(日)に神奈川県小田原市の小田原アリーナで開催されます。UNIVAS公式サイトでは、22日の模様をライブ配信及び後日ハイライト動画で無料配信する予定です。

今年で26回目となる今大会は、有段有級男子・有段有級女子・新人男子・新人女子の計4部門に分かれており、種目数が多く総合力が試されます。また、体育会だけでなくサークルも出場できるため、学生スポーツチャンバラ界では最大級のイベントとなっています。

新人、有段それぞれ13種目の中から4種目を選択して出場しますが、中でも人気が高いのは「小太刀」です。スポーツチャンバラは小太刀に始まって小太刀に終わる、といわれており、すべての種目の基礎になっています。使用されるのは全長60cm以下の物で、決勝では3分間三本勝負、その他の試合では1分間一本勝負を行います。試合前後には必ず礼をするなど行儀作法が重んじられ、審判の判定に異議を申し出る場合は挙手しなければなりません。身近なもので手軽にできることから、小太刀を護身用として学ぶ女性もいます。

有段有級男子部門に出場する武井裕哉選手(国士舘大学)には、大会3連覇がかかっています。国士舘大学スポーツチャンバラサークル楓剣会の前主将は最終学年として臨む今大会、偉業を達成することはできるのでしょうか。世田谷区スポーツ振興財団からスポーツ優秀者として表彰された、武井選手の身のこなしに注目です。

「制約に囚われない自由な発想による剣術」と「剣術を通じた世界人の育成」を目指し、現在はアメリカ、韓国、ヨーロッパ、ロシア、オーストラリアなど世界に広がっているスポーツチャンバラ。“令和”という新しい時代にふさわしい革新的なスポーツから、今後も目が離せません。