一般社団法人 大学スポーツ協会(UNIVAS)

2020.01.06

入学前教育プログラム(学習支援)の実証調査スタートのお知らせ

日本初AI教育サービスで入学前の運動部学生の基礎学力アップをサポート!

 

一般社団法人大学スポーツ協会(会長:鎌田薫)は、大学において学修を進めるうえで重要な基礎学力の向上を図ることを目指し、20201月から「入学前教育プログラム(学習支援)」の実証調査を開始します。

一般社団法人大学スポーツ協会(略称:UNIVAS)では、スポーツ推薦等で入学を予定している学生を対象に入学前の教育支援を行うにあたり、入学前教育プログラムとして、「①入学準備」と「②学習支援」の2つの取組を進めています。この度、「②学習支援」の取り組みの一環として、アカデミックパートナーである河合塾グループ株式会社KEIアドバンス(以下、KEIアドバンス)と連携し、運動部学生への「入学前教育プログラム」を開発しており、来年度の本格導入に向けて全国6大学445名(201912月時点)に対し実証調査を開始します。

 

●入学前教育プログラムの概要

本プログラムでは、運動部学生が入学後にスムーズに学修に進むことができるよう、基礎教科学力養成を目的に「河合塾の指導ノウハウを活用したAI教育サービス『河合塾One(英語・数学)』」及び、日本語力養成を目的に「入学後に必要な“文献・文章等を読み、その内容について自ら考えレポートを書くための力”を育成する『大学生活学びのための読む書く入門』」を提供します。

また、実施前と実施後にて学力判定テストを実施し、実施前後のテスト結果を比較することで学力伸長を把握します。オプションとして、希望者にはKEIアドバンスによるLINEを用いた学習フォローも実施します。

■対  象:

スポーツ推薦等で大学入学を予定している学生

■実施時期:

1月~3

■科  目:

・英語及び数学(IA・IIBIII)※復習として中学校分野を含む

・日本語力養成

 

●実証調査について

実証調査対象大学の費用はUNIVASが全額負担(※)することで、学内学習サポート担当者の配置やヒアリング調査等にご協力いただき、来年度の本格導入に向けてプログラム改良を行い、より運動部学生のニーズにマッチしたプログラムを目指します。

  • UNIVASの費用負担対象は、基礎教科学力養成(英語・数学の学習プログラム及び学力判定テスト)、学習サポートサービス、参加大学へのデータフィードバックに限る。

——————————————————————————-

<『KEIアドバンス』について>

URL:http://www.keiadvanced.jp/

概要:教育を柱に、大学をはじめとする教育機関を支援する河合塾グループの会社です。学び続ける人の生涯価値の向上に貢献することをめざし、大学を対象とした広報支援や入試業務支援、教学支援ソリューションを展開するほか、大学生・社会人を対象に進学&就職をサポートする予備校「河合塾KALS」を運営しています。

<『河合塾One』について>

URL: https://www.kawaijukuone.co.jp/

概要:河合塾の指導ノウハウを活用したAI教育サービスです。AIを活用した理解度判定と河合塾の指導ノウハウが注入されたアルゴリズムに基づく教材のレコメンド(学習推奨)により、大学入学を控えた多忙な高校生が限られた時間の中で最大限の学習効果を得られるよう配慮されているサービスです。また、すべてがオンライン上で展開され、全国24時間いつでもどこでも受講可能であることから、塾に通う時間がない方、近隣に予備校・塾がない地域の方でも河合塾の教育サービスを手軽に受講することができる日本初のサービスです。

 

【本件に関する問い合わせ先】

◆一般社団法人大学スポーツ協会 広報担当

TEL/FAX:03-3234-0800  E-mailinfo@univas.jp

◆株式会社KEIアドバンス 入学前教育プログラムUNIVAS担当

TEL:03-5276-2731  E-mailunivas_training@keiadvanced.jp