My UNIVAS 利用規約

本利用規約(以下「本規約」と言います。)には、一般社団法人大学スポーツ協会(以下「当協会」といいます。)が提供するサービス「My UNIVAS」(以下「本サービス」といいます。)の提供条件及び当協会と本サービスの利用者の皆様(以下「利用者」といいます。)との間の権利義務関係が定められています。本サービスの利用に際しては、本規約の全文をお読みいただいたうえで、本規約に同意いただく必要があります。
なお、本サービスにおいてご利用いただけるサービスには、追加のご登録手続が必要となることがあります。この場合には、当該サービスのご利用時に別途提示される利用規約等をご確認いただき、追加のご登録手続をお願いいたします。

第1条(適用)
  1. 本規約は、本サービスの提供条件及び本サービスの利用に関する当協会と利用者との間の権利義務関係を定めることを目的とし、利用者と当協会との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。
  2. 本規約の内容と、本規約外における本サービスの説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。
第2条(会員登録)
  1. 本規約に同意のうえ所定の登録手続を完了すると、利用者と当協会との間で本規約の定めを内容とする契約(以下「本契約」といいます。)が成立し、本サービスの会員としての資格を得ることができます。会員登録手続は、会員となるご本人が行ってください。本条に基づいて、会員資格を得た利用者を、以下「会員」といいます。
  2. 当協会は、登録を希望する利用者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録及び再登録を拒否することがあり、またその理由について一切開示義務を負いません。
    1. 当協会に提供した情報の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合
    2. 未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合
    3. 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当協会が判断した場合
    4. 過去に当協会との契約に違反した者またはその関係者であると当協会が判断した場合
    5. 第8条に定める措置を受けたことがある場合
    6. その他、登録を適当でないと当協会が判断した場合
  3. 会員登録は真実かつ正確な情報をもって行ってください。当協会は、当該情報に虚偽、誤り、または記入漏れがあったことにより利用者に損害が生じたとしても、一切の責任を負わないものとします。
第3条(ID及びパスワードの管理)

アカウントを利用するためのID及びパスワードは、他人に知られることがないよう定期的に変更する等、会員本人が責任をもって管理してください。当協会は、入力または利用されたID及びパスワードの組合せが会員の登録したものと一致することを所定の方法により確認した場合、会員による利用があったものとみなします。当協会は、盗用、不正利用その他の事情により会員のアカウントを当該会員以外の第三者が利用している場合であっても、それにより生じた損害について責任を負わないものとします。

第4条(登録情報の変更)

会員として登録した情報(以下「登録情報」といいます。)に変更が生じた場合は、速やかに登録情報の変更をお願いいたします。登録情報の変更がなされなかったことにより会員に生じた損害について、当協会は責任を負わないものとします。

第5条(当協会によるお知らせ)
  1. 当協会から会員への通知等は、最新の登録情報におけるメールアドレス宛てへのメールの送信、当協会が運営するウェブサイト上への掲示、または、その他当協会が適当と判断する方法によって行います。
  2. 会員は、当協会がメールの送信による通知を行った場合、前項のメールアドレス宛てに当協会がメールを送信し会員が当該メールを閲覧可能になった時または当協会がメールを送信してから24時間後のいずれか早い時点に当協会からの通知が到達したとみなされることに、あらかじめ同意するものとします。
第6条(個人情報の取扱い)

当協会は、利用者による本サービスの利用に関して取得する個人情報を、当協会の個人情報保護方針に従い、適切に取り扱います。

第7条(禁止事項)
  1. 本サービスの利用に際して、利用者は、以下の各号に定める行為またはそのおそれのある行為を行ってはならないものとします。
    1. 法令、裁判所の判決、決定若しくは命令、または法令上拘束力のある行政措置に違反する行為
    2. 公の秩序または善良の風俗を害する行為
    3. 反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為
    4. 当協会、当協会の加盟大学若しくは加盟競技団体、または他の利用者その他の第三者の権利、利益、名誉等を侵害する行為
    5. 第三者になりすます行為または意図的に虚偽の情報を送信する行為
    6. 第三者の個人情報その他のプライバシーに関する情報を不正に収集、開示、または提供する行為
    7. 不正アクセス行為、第三者のアカウントを利用する行為、複数のアカウントを作成しまたは保有する行為、その他これらに類する行為
    8. 本サービスの誤作動を誘引する行為その他本サービスの運営を妨害する行為
    9. 本サービスが通常意図しないバグを利用する動作を生じさせ、または、通常意図しない効果を及ぼす外部ツールの利用、作成、または頒布を行う行為
    10. 本サービスまたは当協会のサーバーに過度の負担をかける行為
    11. コンピュータウイルス等の有害なプログラムを当協会または第三者に送信し、または流布する行為
    12. 本規約に違反し、または、本サービスの趣旨目的に反すると当協会が判断する行為
    13. その他、当協会が不適切と判断する行為
  2. 会員は、アカウント及び本契約の地位等の一切の権利及び義務を第三者に譲渡、貸与、売却、担保差入及びその他の処分をしてはならないものとします。
第8条(利用停止、会員資格の取り消し等)
  1. 当協会は、会員が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合には、事前に通知することなく当該会員による会員サービスの利用停止、アカウントの停止、ID及びパスワードの変更、または当該会員の会員資格の取消し等の措置を講じることができるものとします。これにより会員に何らかの不利益または損害が生じたとしても、当協会は責任を負わないものとします。
    1. 会員に法令または本規約に違反する行為があった場合
    2. 会員に本サービス利用に関して不正行為があった場合
    3. 一定回数以上のパスワードの入力ミスがあるなど会員のセキュリティを確保するために必要な場合
    4. 長期間にわたって本サービスの利用がなく、利用継続の意思がないと当協会が判断した場合
    5. 当協会からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して30日間以上応答がない場合
    6. その他当協会が相当と判断した場合
  2. 前項のほか、会員が当協会の定める一定の期間内に一定回数のログインを行わなかった場合は、当協会は、事前に通知することなく前項所定の措置を講じることができるものとします。
第9条(会員の退会及び本契約の終了)
  1. 会員は、当協会所定の退会手続により、いつでも本契約を終了させることができます。
  2. 前項の退会手続が完了した場合、または、事由のいかんを問わず本契約が終了した場合、会員は、アカウント及び本サービスを即時に一切利用できなくなります。当該時点において会員が本サービスに関連して有していた権利は全て消滅し、会員は、当協会に対して何らの請求を行えません。ただし、本契約終了以前において会員が当協会に対して債務を負っていた場合、当該債務は消滅せず、会員は、当協会に対して本契約終了後ただちに全ての当該債務について弁済しなければならないものとします。
第10条(本サービスの変更、中断、終了等)
  1. 当協会は、会員に事前に通知することなく、本サービスの内容の全部または一部をその裁量によって変更または追加することができるものとします。
  2. 当協会は、事前に第5条所定の方法にて会員に通知することにより、当協会の裁量で本サービスの提供を終了することができるものとします。
  3. 当協会は、以下の各号に定める場合、会員に事前に通知することなく、本サービスの全部または一部を一時的に中断することができるものとします。
    1. システムのメンテナンスまたは修理を定期的にまたは緊急に行う場合
    2. アクセス過多等によって、システムに負荷が集中した場合
    3. 会員、当協会または第三者のセキュリティを確保する必要が生じた場合
    4. 通信回線の停止、天災、火災、停電、その他の不慮の事故または戦争、紛争、動乱、暴動、労働争議等の不可抗力により本サービスの提供が困難な場合
    5. その他当協会が必要と判断した場合
  4. 当協会は、当協会が本条に従ってとった措置に起因して会員に生じた損害について、責任を負わないものとします。
第11条(保証の否認及び免責)
  1. 会員は、当協会が本サービスその他会員のアカウントで利用できるサービスを通じて提供するコンテンツその他一切の情報について、エラー、バグ、不具合またはセキュリティ上の欠陥が存在しないこと、第三者の権利を侵害しないこと、会員が期待する性質を有すること及び会員に適用ある法令に適合的であることについて、当協会がいかなる保証も行わないこと、ならびに、本サービスが本サービス提供時における現状有姿において提供されることを理解し、これを承諾するものとし、自己の責任において本サービスを利用するものとします。
  2. 当協会は、本サービスその他会員のアカウントで利用できるサービスに関する内容の真偽、正確性、最新性、有用性、信頼性、適法性、及び第三者の権利の不侵害について、本規約においていかなる保証も行わないものとし、当該サービスの利用に関して損害が生じた場合であっても、当協会は、一切の責任を負わないものとします。
  3. 当協会は、会員による本サービスその他会員のアカウントで利用できるサービスの利用に関連して、会員に対する責任を負う場合には、当協会の故意または重大な過失による場合を除き、会員に現実に生じた通常かつ直接の範囲の損害に限り、これを賠償するものとし、特別な事情から生じた損害(損害の発生を予見し、または、予見し得た場合を含みます。)については、責任を負わないものとします。
第12条(権利帰属)

当協会ウェブサイト及び本サービスに関する知的財産権は全て当協会または当協会にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に基づく本サービスの利用許諾は、当協会ウェブサイトまたは本サービスに関する当協会または当協会にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。

第13条(本規約の改定等)
  1. 当協会は、本規約を任意にいつでも改定することができるものとし、本規約に追加の規定、条件等を定めることができます。本規約を変更する場合、変更後の本規約の施行時期及び内容を当協会ウェブサイト上での掲示その他の適切な方法により周知し、または通知します。但し、法令上会員の同意が必要となるような内容の変更の場合は、当協会所定の方法で会員の同意を得るものとします。
  2. 当協会は、本サービスにかかる事業を第三者に譲渡し、または合併等により承継させ、本契約上の地位ならびに権利及び義務を当該譲渡等の譲受人等に承継させることができるものとします。会員は、かかる譲渡等について、あらかじめ同意するものとします。
第14条(準拠法、合意管轄)

本規約は日本法に基づき解釈されるものとし、本規約に関して生じた一切の紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

【2020年3月9日制定】